スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説得にはちゃんとした説明が要る

~ 第148回うみねこ散 戦人の嫁探し村 ~ 69994番地

◆右代宮 戦人さん 「なんか引き分けコース見えてきたな。
俺としてはもう一度爺様指定をしてもらいたい。
ベアトが爺様を怪しんでいるのと、爺様と親父がが狼同士の演技を避ける目的。
後は、ここが村で、霧江さんがもし偽ならばもう一度狼柱が出るかもしれないと予想してだ。」

◆右代宮 戦人さん 「もっとも、霧江さん真だったとしても爺様の狼に変わりは無いけどな。
それだったら親父の狼柱は、とたんに爺様のかばうCOだったってことになる。」

◆右代宮 戦人さん 「後はもう発言で判断してもらうしかないとしか言いようが無いな。
霧江さんが真なら、あそこで爺様非狼の筈で、LWになるにもかかわらず狼COした意味を考えてみてくれ。」

推理の方向性はあってたけど、共有はともかくカギを握る霊能を説得できなかった。
霊能を狂人ときめつけていたのにも問題があったなあ。
後、普段の発言にも気をつかってなかった。
結構多くの相手に疑われてたし。反省点が多すぎるぜ。

ただ、それでも、自分がした推理の可能性に相手が思い至ってない以上、ちゃんと説明をした上で説得する必要があった。ので、夜のうちに下準備をしておくべきだったなあと後悔。ちょっと言葉が足らなかった。

村を見ていて思うんだけど、扇動にかかっても疑われているのを説得して相手の意見を翻させるってケースをあまり見たこと無いので、そういうことをやってみたいなあといつも思っている。

人狼において説得されたからではなく、自分の培ってきた経験や論理にあてはまるから、納得するってケースは、結構多いと思うので、そういう意味でも純粋な意味で説得するっていうのをしてみたいなあ。
逆に、相手の言葉を純粋に信頼して説得されると言うのもやってみたい。
時には人を信じることも必要だと思う。

なんにせよ、発言量増やしたり夜のうちに準備しておくと言う作業が必要そう・3・)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。